研究業績リスト

総説・解説

2017年

52. セルロースナノファイバーとは異なるCNF「キチンナノファイバー」のヘルスケア効果

伊福伸介、アグリバイオ、1(12), 54-56 (2017).

 

51. カニ殻由来の新繊維「キチンナノファイバー」の生理機能

伊福伸介、Web Journal, 8, 6-8 (2017).

 

50. キチンナノファイバーのアプリケーションの開発

伊福伸介、塗装工学、52(8), 251-257 (2017).

 

49. セルロースとはひと味違うカニ殻由来の新素材「キチンナノファイバー」とヘルスケア

伊福伸介、工業材料、65, 52-56 (2017).

 

48. キチンナノファイバーの特徴とその応用

伊福伸介、化学工学、81, 176-179 (2017).

 

47. カニ由来の新素材「キチンナノファイバー」とヘルスケア

伊福伸介、アグリバイオ、1, 246-248 (2017).

2016年

46. セルロースとはひと味違うキチンナノファイバーとヘルスケア

伊福伸介、化学工業、67, 9-14 (2016).

 

45. 表面キトサン化キチンナノファイバー経口投与実験的高コレステロール血症モデルに対する効果

東和生、永江知音、長島正明、大崎智弘、伊藤典彦、岡本芳晴、伊福伸介、Functional Food Research, 12, 50-55 (2016).

 

44. キチンナノファイバー経口摂取が腸内環境および全身代謝に及ぼす影響

東和夫、伊福伸介、長島正明、New Food Industry, 7, 7-10 (2016).

 

43. カニ殻由来の新素材キチンナノファイバーの実用化

伊福伸介、産学官連携ジャーナル、12, 9-11 (2016).

 

42. キチンナノファイバーの皮膚への効果

東和生、長島正明、伊福伸介、フレグランスジャーナル、4月号、 31-31 (2016).

 

41. カニ殻が新たな産業を生み出す!極細繊維“キチンナノファイバー”の実用化を目指して

伊福伸介、化学、71, 49-52, (2016).

 

40. 廃カニ殻由来の新素材「マリンナノファイバー」の製造技術と用途展開

永江(雨坪)知音、江草真由美、東和生、長島正明、伊福伸介、日本食品工学会誌、17, 11-13 (2016).

 

39. 製パン性を向上させる天然由来の新素材マリンナノファイバー

上中弘典、伊福伸介、製パン工業、45, 3-8 (2016).

 

38. Marine Nano-fiber: A novel Fiber Made From Crab Shell Waste

Shinsuke Ifuku, Convertech & e-Pring, 6, 54-56 (2016).

2015年

37. 廃カニ殻由来の新繊維「キチンナノファイバー」

伊福伸介、コンバーテック、12月号、92-94 (2015).

 

36. キチンナノファイバーの製造開発とその実用化に向けて(下)

伊福伸介、加工技術、11月号、616-620 (2015).

 

35. キチンナノファイバーの製造とその誘導体の合成

伊福伸介、キチン・キトサン研究、21, 204-208 (2015). 2015年度奨励賞受賞記念総説

 

34. キチンナノファイバーの製造開発とその実用化に向けて(上)

伊福伸介、加工技術、10月号、25-30 (2015).

 

33. カニ殻由来の新素材「キチンナノファイバー」の製造と実用化に向けた取り組み

伊福伸介、不織布情報、9月号、7-11 (2015).

 

32. カニ殻由来の新繊維「キチンナノファイバー」を配合した透明シート

伊福伸介、ウェブ・ジャーナル、8月号、9-11 (2015).

 

31. カニ殻由来の新繊維「キチンナノファイバー」の補強繊維としての応用

伊福伸介、マテリアルステージ、15, 33-36 (2015).

30. カニ殻由来の新繊維「キチンナノファイバー」の製造とその利用開発

伊福伸介、化学と生物、53, 473-477 (2015).

29. カニ殻由来の機能性素材「キチンナノファイバー」の製造と応用

伊福伸介、機能材料、35, 17-23 (2015).

28. キチンナノフィバーの機能性食品への応用

東和生、大崎智弘、岡本芳晴、斎本博之、伊福伸介、New Food Industry, 57, 7-13 (2015).

 

27. Chitin, chitosan, and its derivatives for wound healing: old and new materials

Kazuo Azuma*, Ryotaro Izumi, Tomohiri Osaki, Shinsuke Ifuku, Minoru Morimoto, Hiroyuki Saimoto, Saburo Minami, Yoshiharu Okamoto

Journal of Functional Biomaterials, 6, 104-142 (2015).

doi:10.3390/jfb6010104

 

26. 廃カニ殻由来の新繊維「マリンナノファイバー」の製造とその利用開発

伊福伸介、食品と開発、50, 77-79 (2015).

 

2014年

25. キチン誘導体を用いた生体接着剤の開発

森本稔、井澤浩則、伊福伸介、斎本博之、コンバーテック、11, 106-109 (2014).

 

24. キチンナノファイバーを活用した生体接着剤の開発とその応用

森本稔、井澤浩則、伊福伸介、斎本博之、マテリアルステージ、14, 50-53 (2914).

 

23. Chitin and chitosan nanofibers: preparations and chemical modifications

Shinsuke Ifuku*

Molecules, 19(11), 18367-18380 (2014).

doi:10.3390/molecules191118367

  

22. キチン、キトサン誘導体の合成と機能

森本稔、井澤浩則、伊福伸介、斎本博之、キチンキトサン研究、20, 204-211 (2014).

 

21. キチン・キトサンナノファイバーを用いた抗菌材料について

江草真由美、上中弘典、伊福伸介、Material Stage、14, 49-51 (2014).

 

20. Preparation and biomedical applications of chitin and chitosan nanofibers

Kazuo Azuma*, Shinsuke Ifuku*, Tomohiro Osaki, Yoshiharu Okamoto, Saburo Minami

Journal of Biomedical Nanotechnology, 10(10), 2891-2920 (2014).

doi:10.1166/jbn.2014.1882

 

19. キチンナノファイバーの製造とその特徴を活かした利用開発

伊福伸介、Cellulose Communications, 21, 57-60 (2014)

 

18. キチンナノファイバーで補強したダブルデッカー型ポリシルセスキオキサンフィルムの開発

中田和也、生田暁子、井澤浩則、斎本博之、伊福伸介、キチン・キトサン研究、1, 31-33 (2014).

2013年

17. キチンナノファイバの補強繊維としての利用

伊福伸介、プラスチックス、9, 1-4 (2013)

 

16. 海洋生物の紡ぐキチンナノファイバーの単離と化学変換と利用開発

伊福伸介、化学工業、64, 52-57 (2013)

 

15. カニ殻に内包されるキチンナノファイバーの製造技術

伊福伸介、化学と工業、66-8, 644-645 (2013)

 

2012年

14. カニ殻由来の新繊維「キチンナノファイバー」の製造、改質とアプリケーション

伊福伸介、日本接着学会誌、48, 331-335 (2012)

 

13. キチンナノファイバー、その製造技術と表面改質とアプリケーション

伊福伸介、月刊せんい、65, 23-28 (2012)

 

12. Chitin Nanofibers: Preparations, Modifications, and Applications

Shinsuke Ifuku*, Hiroyuki Saimoto

Nanoscale, 4, 3308-3318 (2012).

DOI: 10.1039/c2nr30383c

 

11. カニ殻に内包されるキチンナノファイバーの単離技術と用途開発

伊福伸介*

高分子論文集69, 460-467 (2012).高分子科学・工学のニューウェーブ

http://doi.org/10.1295/koron.69.460

 

10. キチンナノファイバーの製造と利用技術

伊福伸介、化学工業社、ケミカルエンジニヤリング、57, 15-20 (2012)

2011年

9. キチンナノファイバーの製造技術とその利用展開

伊福伸介、日本キチン・キトサン学会、キチン・キトサン研究、17, 177-282 (2011)

2010年

8. カニ、エビ殻に内包されるキチンナノファイバーの単離技術の開発

伊福伸介、日本接着学会誌, 46, 385-390 (2010)

 

7. 甲羅の造形に学ぶ~ナノファイバー素材としてのキチン~

伊福伸介、科学技術情報協会, Material Stage, 10, 12-14 (2010)

 

6. カニ・エビ殻由来の微細繊維「マリンナノファイバー」の調製とその利用開発

伊福伸介、韓国プラスチック技術情報センター, Plastics Science, 89-94 (2010)

 

5. 海洋バイオマス由来の超微細繊維「マリンナノファイバー」の製造および利用開発

伊福伸介、アクトラム・エイ, ウェブジャーナル, 16, 16-18 (2010)

 

4. カニ・エビ殻由来の微細繊維「マリンナノファイバー」の調製とその利用開発

伊福伸介、プラスチック・エージ, プラスチックエージ, 56, 71-75 (2010)

 

3. 海洋バイオマス由来の超微細繊維「マリンナノファイバー」の製造技術

伊福伸介、テクノタイムズ社, 月刊ディスプレイ, 16, 54-61 (2010)

 

2009年

2. 21世紀の紙「透明ナノペーパー」

伊福伸介、化学同人, 化学, 46, 60-61 (2009)

 

1. キトサン誘導体を用いた光硬化型生体接着剤の開発

伊福伸介、日本化学会, 化学と工業, 62-63, 266-267 (2009)